冬のウインタースポーツといえばスキーやスノボーです。若い人はスノボーをする人が多く自分でスキー場に行って気軽に楽しむ事が出来ます。スキー場によってはスノボー禁止やスキーとスノボーのやる場所を分けてある所などあり、安全性を考慮しています。

正確にはスノーボードと言い、略して「スノボー」「ボード」と言われます。スノボーは一枚の板と専用の足首が曲げる事の出来る柔らかめのシューズです。スキーは2枚のスキー板と固い専用のスキー靴、2本のストックが必要になります。シューズも違いがありますがウェアーにも違いがあります。スキーのウェアーは裾をストックで切らない様、引っかからないようにガードが付いています。タイトなデザインが多くなっており、綿が入っている物が多数です。スノボーウェアーにはおしりの部分が補強されて居たりパッドが入っています。座ってからスタートしたり、休憩中も座っている事が多い為です。比較的薄めのウェアーが多くだぼっとした感じのものが多数です。中に何枚も防寒具を着る方が多いからです。

スキーとスノボーでは滑っている時の速度も違い、スキーの方が速度が速い為だぼっとしていると滑りづらいのも一つです。スキーは風を感じるスピード感を楽しみ、スノボーはコブなどでジャンプをして浮遊感を楽しみます。スノボーをしに行く為に自分で車や公共機関を使っていく方が多くなりました。他にも現地で思いっきりスノボーを楽しみたいとスノボーツアーに申し込む人もいます。ツアーにはどんなものがあるのか、メリットデメリットなどを紹介します。

スノボーツアーの前に